全身脱毛は含まれる部位に注意!ちゃんと“全身”を脱毛できる!?

その全身脱毛コースは本当に“全身”か?

全身脱毛コースに含まれる箇所はサロンによって違う!?
全身脱毛コースをこれからされる方には料金の他にも注意すべきポイントがあります。それは全身脱毛コースに含まれる部位についてです。

『全身脱毛コース』というからには無条件に“全身全ての箇所”が脱毛できると思っていたら大間違い。そもそも全身脱毛コースを探しているうちにサロンによって「全身脱毛22箇所」であったり「全身26箇所くまなく脱毛」であったりと表記が違うことに気づきましたでしょうか?

そうです、全身脱毛コースに明確な定義はありません。ですので全身コースだからといって無条件に全身が含まれると思って申し込みをすると痛い目を見ることもあるということを覚えておきましょう。

全身脱毛コースを探すときはここの部位に注目!

全身脱毛コースをサロンごとで比べる際に一番注目すべきポイントは、
・VIOライン(デリケートゾーン一帯)
・顔(フェイスライン、頬、etc)
これらがしっかり含まれているかどうかです。

全身脱毛コースの中でもこれら2箇所は基本料金で含まれていたり、オプション追加部位になっていて別途料金が発生したりとサロンによって様々です。

基本的に追加料金を取られると他より高額になってしまうことが多いため、上の2箇所が気になる方はあらかじめ含まれていることを確認した上で、コースへ申し込みされることをおすすめいたします。

サロンごとで様々ですが、全身脱毛コースというくくりに「VIOライン」「フェイス」の両方がもともと組み込まれているサロンはだいたい3分の1程度です。多くのサロンではオプション部位に指定されていることが多いです。

不安な方はあらかじめ組み込まれている全身脱毛コースを選ぶのが、トータル料金を安くおさめる上では大事なポイントの一つです。一見安いように見える全身コースでも“オプション追加したらこっちのほうが高かった”なんてことにならぬようそれもふまえた上で本当に安いかどうかを確認しましょう。

全身脱毛○○箇所という表記はあまり意味がない!?

全身脱毛コースは大々的に『22箇所!』『24箇所!』『26箇所!』のように表記されていることが多いです。しかしこの箇所数は全てのサロンで統合された数え方ではありません。

極端にいうとサロンによっては、Aサロンではヒザの脱毛を左ヒザ、右ヒザの2箇所とカウント。Bサロンではヒザの脱毛を両ヒザの1箇所としてカウントしている二つのパターンがあるため。

よってこの数字が大きいかどうかでは、全身コースの中身までは把握できません。上にも言ったようにサロンごとで差があるのは主に「VIOライン」と「フェイス脱毛」です。数字だけでなくしっかり含まれている部位まで確認しましょう。

この二つ以外の箇所は基本的に“全身”に含まれています。“全身コースなのに脚の脱毛は含まれていない”なんていうことはまずありません。

⇒全身脱毛コースを各サロンごとで詳しく比較しているページへ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ