全身脱毛に含まれる部位は必ずチェック!!部位の数が多い=OKじゃない

全身脱毛コースを比較する上で料金の次に大事なのが含まれる部位です。部位数などはサロンごとに全身○○箇所などの表記がありますが、けっこうばらつきがあります。

全身脱毛をご検討されている方はまず「部位数」と「含まれる部位」について知っておきましょう。

「部位数が多いコース=全身くまなく脱毛できるコース」とは必ずしもならない

全身脱毛に含まれる部位は必ずチェック!!部位の数が多い=OKじゃない全身脱毛するとなるとあらゆる部位を脱毛していく必要があります。よく需要が高く人気がある脱毛部位というと「両ワキ」であったり「腕」や「脚」などが主に挙げられます。

そういった部位をピンポイントで脱毛する際には「脚」ではなく「ひざ下」「ひざ上」「甲・指」などのさらに細かい部位に分けられて脱毛したい部位を指定します。全身脱毛コースの部位数はあくまでこうして細かく分けられた部位の総数で表記されています。

部位の分け方や数え方に正確な基準はない

部位の数え方に明確な基準はありません。あくまで「ひざ下」「ひざ上」と分けているかどうかは各サロンごとが定めた基準です。ですので全身脱毛の部位数の数え方はサロンごとに違うため、部位数が多いかどうかはさほど重要ではありません。

例えば、
Aサロン:全身脱毛コース 全身30部位 150,000円(6回)
Bサロン:全身脱毛コース 全身25部位 150,000円(6回)
というコースがあったとして、部位数が多いからといってAサロンが必ずしも優れているとなる必要はないのです。

極端な例で表すと、Aサロンでは「ひざ下」「ひざ上」「甲・指」を3つの部位としてカウントしているのに対して、Bサロンでは3つの部位を「脚」の1つとしてカウントしている可能性があるということです。

全身脱毛では実際に含まれている部位を確認することが重要

サロンごとに全身脱毛の部位を比較するのであれば「部位数」ではなく、「自分の望む部位が含まれているかどうか?」を確認しましょう。サロンごとで含まれるかどうかの差が出るところは主に以下の部位です。

VIOライン デリケートゾーン

VIOラインといわれるデリケートゾーン周りの脱毛部位。若い女性などを中心に人気を集めている部位の1つです。見た目のすっきりさや清潔感だけでなく、デリケートゾーンのムレやかゆみを防ぐ効果もあります。まれに全身脱毛コースに含まれておらず、追加オプション部位に指定される場合もあり注意が必要です。

フェイス 顔脱毛

フェイスラインや頬や鼻下などを含めたフェイス脱毛。顔の細かい産毛を脱毛し、肌を明るく見せたり化粧乗りの改善などの効果もあります。あまりおこなっている人は少ない箇所ですが、隠れた需要のある部位の1つです。全身脱毛コースの中でも一番差があるのがフェイス脱毛の有無です。追加オプション部位に一番なりやすい箇所です。

「部位の数」ではなく「どこ」が含まれているかでチェック

この2つの部位以外は全身脱毛コースならば、ほぼ確実に含まれているといってもよいです。逆に上の二つの箇所はサロンごとに差がありますので、全身脱毛コースの部位を比較する上では必ずチェックしましょう。

全身脱毛コースを比較するときは「部位数」だけにとらわれずに、しっかりと部位の中身までチェックするようにしましょう。

⇒全身脱毛コースのサロンごとの比較はこちらから

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ