医療クリニックの脱毛はどうやっておこなうの?サロンとの違いは

医療クリニックの脱毛はここが違う!

医療クリニックのレーザー脱毛とサロン脱毛の違いわかっていますか?
まず脱毛をしようと思ったときに浮かぶ選択肢には
・脱毛サロンでおこなう
・医療クリニックでおこなう
この2つが考えられます。

結論から言うと、人気が高いのは脱毛サロンでおこなう脱毛です。なんといっても「料金の安さ」や「コースの豊富さ」などの点で医療クリニックより優れています。ですが「満足度が高い」「効果の即効性」などの点では医療脱毛は抜群です。

医療クリニックで脱毛する方は“長い間むだ毛に悩まされている”“もう自己処理なしでいられるように徹底的に脱毛したい”こんな方に多く選ばれていて、そういった方にも高い満足度をもたらしています。

医療クリニックでおこなうのは『レーザー脱毛』

医療クリニックでおこなう脱毛は『レーザー脱毛』と呼ばれている、特殊なレーザーをむだ毛に照射してむだ毛の元である毛根を破壊していく方法です。サロンでは『光脱毛』と呼ばれる方法で施術をおこなっていますが、この方法では毛根を破壊することはできないと言われています。

毛根を破壊しない限り、むだ毛はいくらでも再生してしまいます。永久的に脱毛するのであればこの毛根を破壊することができるレーザー脱毛をする他にありません。

なぜサロンがこのレーザー脱毛をおこなうことができないのか?というともちろんコストの問題もありますが、一番はレーザー脱毛施術をおこなうために専門的な知識が必要だからです。現時点では専門の医師でないとレーザー脱毛機器を取り扱うことができません。

むだ毛の毛根を根元から破壊するほどの高出力のレーザーを取り扱うため、当然素人に扱うことはできませんし、使用には大きな危険を伴います。そのため資格を有した医師にしかレーザー脱毛することは許されていません。

脱毛サロンはあくまでエステサロンにすぎませんので、医療用のレーザー脱毛機器は取り扱うことができません。そのため威力が弱い光脱毛による施術をおこなっています。

レーザー脱毛するときは入念なカウンセリングから事前検査まで

レーザー脱毛をおこなう際には、サロンよりさらに入念なカウンセリングから、事前検査までしっかりとおこなう必要があります。当然施術日には体調などを整えてから臨むようにしましょう。

医師が立ち会うため安全ではありますが、レーザー脱毛をすること自体危険な行為であることは否めません。身体に異常を感じたときなどはすぐに申し出るようにしましょう。

レーザー脱毛の即効性、持続性

医療クリニックでおこなうレーザー脱毛はサロン脱毛よりも高い効果をもたらします。高い効果に加えて、持続性と即効性もあります。レーザー脱毛をすれば半永久的にむだ毛が生えてこないようにすることができます。

サロン脱毛ならきれいなツルツル肌にするまでには、かなりの回数の施術をしなくてはなりません。回数といった面でもレーザー脱毛なら半数ほどで脱毛が完了すると言われています。

高額なことがネック?けど後々をことを考えるなら・・・

レーザー脱毛をするにはかなりの費用がかかります。おおよそ同じ箇所のサロン脱毛の料金と比較すると、3倍〜それ以上かかると言っても過言ではありません。なので敷居が高く多くの方が受けれる環境にはなっていないのが事実です。

※レーザー脱毛は保険も適用外
レーザー脱毛は医療行為に一つとして認められてはいますが、あくまで美容の一環ですので健康保険は適用外になっています。クリニックで明記された料金全額自己負担となります。

ですが本気で永久脱毛したい方には医療クリニックでのレーザー脱毛を強くおすすめいたします。サロン脱毛では思うほどの効果が出るまでには時間がかかりますし、なにより効果の持続性も保証されていません。

サロン脱毛は手軽で安い価格でおこなうことができますが、『永久脱毛したい方』には不向きです。最初に払う金額はレーザー脱毛は高額になってしまいますが、サロン脱毛もかさねかさねおこなっていくと金額も大きくなります。

本気で永久脱毛するのであればレーザー脱毛ができる医療クリニックをあたるといいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ