どれくらいの回数施術すればツルツルになるの?医療脱毛とサロンの差

脱毛回数は実際どれくらいを目安にすればいいの?

そもそも医療とサロンじゃ回数も違う!?つるつる肌になるまでの回数とは?
脱毛サロンや医療脱毛でどこの部位を脱毛するにしても、たいていの初心者は“何回コースにしよう?”“一体何回くらい通えばツルツルになるの?”って考えますよね?

実際これは個人差もありますし、さらに部位によってかなり効果の出方にばらつきがあるのが事実です。ですがまず医療脱毛とサロン脱毛でもツルツル肌になるための回数に差があります。

たとえば両ワキを例に挙げると・・・

医療レーザー脱毛をした場合

医療レーザー脱毛は効果も高く、持続性も高いため『永久脱毛』として認められている技術です。両ワキを医療クリニックなどでレーザー脱毛した際、むだ毛がほぼ生えてこない状態になるまでの目安は“5回〜8回”と言われています。その後も手入れせずともむだ毛が生えてこない状態が持続します。

脱毛サロンで光脱毛をした場合

脱毛サロンの脱毛は光脱毛と呼ばれるものが多く使われています。これはあくまで基本的には『一時的な脱毛効果』を得るためのものです。両ワキを光脱毛施術して、むだ毛がほぼ生えてこない状態になるまでの目安は“10回〜15回”ほどです。それまでの少ない回数でもむだ毛を飛躍的減らすことはできますが、無くすことは光脱毛では不向きです。回数を10回以上おこない数年間ほとんど生えてこないようになった例もありますが、基本的に永久脱毛ではないのでむだ毛は時間が経つと生えてきてしまいます。

それぞれのメリットは何か?

このように医療脱毛は一般的には高価とされていますが、しっかりと効果を出したい方にはやはり医療脱毛はおすすめです。なにより回数が少なくて済むというのは通う期間も短くて済むということです。早く効果を出したい方にもおすすめです。

サロン脱毛にはメリットがないようにも見えますが、サロンでは回数無制限コースなども安価であるため、徹底的にむだ毛をなくしたいのであればそうしたコースもおすすめです。

部位によって違うというのはどれくらい違うのか?

効果は医療脱毛とサロン脱毛の他にも、脱毛する部位によって変わります。上に例にあげた「両ワキ」は人気の部位の中では効果の出方が平均的であるため例に挙げさせていただきました。

主に効果の出やすいとされている部位

・両ワキ、腕周り
・脚・ひざ下など
・VIOライン・アンダーヘア

主に効果の出にくいとされている部位

・背中・胸
・顔・フェイスラインなど

効果が出やすいとされているのは、むだ毛の中でもある程度しっかりした太い毛が生えている部分です。そうした箇所はレーザーもしっかり照射されるため効果を得やすい傾向があります。

逆に効果が出にくいとされているのは、意外にも薄くあまり目立たないようなむだ毛が生えている箇所です。主に顔であったり、全体的に毛が薄い人の方が実際脱毛するとなると効果が少し出にくいこともあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ