脱毛には効果の出やすい箇所とそうでない箇所がある?

あらかじめ知っておこう!脱毛は部位によって効果ので具合が違う!?

脱毛は部位によって効果が出るスピードが違います。

最初に自分の脱毛したい部位が“どれくらいの回数施術するとツルツルになるのか?”ということを知っておくと通い始めてだいたいどのくらいで完了になるのかを計算することができます。

施術回数は料金の支払いにも直結してくるので、しっかりと計算してから通うことがおすすめです。少ない回数を施術しただけで効果が出ないと言って、諦めてしまってはもったいないことになってしまうケースもあります。

効果の出方には部位だけでなく、個人差もありますがあくまで指標として考えてみましょう。

具体的に効果の出やすい部位とは?

それでは具体的に効果の出やすい部位とはどこなのでしょうか?

両ワキ

手軽に脱毛できる部位として一番に挙げられる「両ワキ」は、比較的効果も出やすい部分の一つです。まずは両ワキからはじめるという方も多いと思いますので、効果の出方は体感するには絶好の部位です。

両ワキで脱毛しはじめてすぐに効果を体感することができたという方は、他の部位でも効果が出やすい傾向があると思います。そういった指標にもできる部位です。具体的に8回〜12回くらいで効果に完了することが多いです。

VIOライン・デリケートゾーン周り

VIOラインと呼ばれるデリケートゾーン周りのむだ毛も意外にも効果が出やすい部位です。非常にデリケートな部位なので他の部位と比較して痛みは大きいですが、その分効果は出やすい傾向があります。

その逆に効果が出にくい部位とは?

背中・腰回り

案外多くの方が背中のむだ毛の悩みを抱えていますが、背中は比較的効果の出にくい部位になっています。皮膚は厚く痛みなどは感じにくい部位ですが、満足いくまで効果出すにはサロンの場合最低でも10回以上の施術が必要です。

顔・フェイス

顔の脱毛は肌を明るく見せたり化粧乗りの改善にもなりますが、十分な効果を出すには回数が必要です。しかしながら顔は毛周期(※)の間隔が短いため施術の間隔も短くて済みますので、比較的短期間で効果を出すことはできます。
※毛周期についてはこちら「毛周期を知ろう!毛周期に合わせて効率よく脱毛する」を参照

効果が出やすい部位とそうでない部位の違いは?

効果が出やすい部位に共通していることは「毛自体が濃い箇所」ということです。光脱毛やレーザー脱毛といった方式はしっかりした太く濃い毛のほうが効果が出やすいです。

個人差としても全体的に毛が濃い人のほうが脱毛したときにすぐに効果が出やすい傾向があります。

その逆に毛が薄い箇所やうぶ毛しか生えていないような箇所だと、ツルツルにするまでにはある程度回数が必要になります。全体的に毛が薄い人にも同じことがいえるため脱毛の効果は出にくくなっています。

これから脱毛しようとする際には自分の脱毛したい箇所が、効果の出にくい箇所か出やすい箇所なのかを知っておくと、今からはじめてどれくらいに効果が出るのかも計算しやすくなりますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ